GUIDELINE&RULE募集要項

募集要項GUIDELINE

  • 個人、チーム、いずれの方法での参加も可能とする

  • 応募は1⼈1回に限ります。チームで参加の場合も1回となります。(チーム、個⼈それぞれでの参加はできません)

  • 本コンテストの参加規約に同意し、プレエントリーできること(チーム参加の場合、チーム全員)

  • 2021年4月時点で⼤学・⼤学院・短⼤・⾼専・専⾨学校いずれかの学生であること
    (チーム参加の場合、チーム全員)

  • 2015年から2021年までの他コンテストで表彰されていない作品(アイデア・プロダクト)であること
    (もし発覚した場合は失格となります)

  • 一定のプログラミングスキルを有していること(チームとして開発できれば問題ありません)

  • 応募に関わるインターネット接続料、アプリ制作に係る経費、データ提出に伴う送料などの諸経費は、自己負担とすること

応募作品の著作権COPYRIGHT

  • 本コンテストに参加する応募者が作成・提出した作品(以下「応募作品」といいます。)について、応募作品に含まれる発明、考案、意匠の創作、著作物等に関する知的財産権は、応募者に帰属するものとします。
    ただし、Sky株式会社が、本コンテストの成果・結果として、応募作品をメディア等を通じて公表・発信することについては、一切の制限がないものとします。

個人情報の取り扱いPERSONAL INFORMATION

ルールRULE

  • 大会テーマに即していれば、開発言語、ツール、環境などは不問です。

  • チームを組む場合、他学校大学同士でも可とします。

  • 大会では書類審査と最終審査の2回、審査を予定しています。
    書類審査通過チームのうち最終審査へ課題提出を行ったチームより、優勝、準優勝、3位のチームを決定します。

  • 書類審査時には、アイデア概要のわかる提案書とともに、アプリケーションサービス開発に向けた工程表や開発概要資料仕様書をあわせて提出してください。なお、工程表も仕様書もテンプレートをご用意します。そちらにご記入いただく形式でも、自分たちで作ってもどちらでもOKです(審査の有利不利はありません)

  • 書類審査時に作品のプロトタイプ提出は必須ではありませんが、希望者は提出可能です。

  • 書類審査通過チームには、Sky株式会社と運営事務局が用意するエンジニアチームによる
    メンタリング(技術・開発相談)を受けることができます。

  • 最終審査会では実働するアプリケーションを使ってデモンストレーションを収録した動画のご提出をお願いします。サーバやデスクトップ環境など、アプリケーションの作動にあたっての環境はご自身でご用意ください。

  • 最終審査会では上記デモンストレーション動画に加え、チームの皆様のお顔がわかる自己紹介動画を撮影してご提出ください(本人確認のため)。

注意事項PRECAUTIONS

  • 応募作品は、応募者ご本人のみに知的財産権(著作権等のすべての権利)が帰属するオリジナル作品に限ります。

  • 応募作品が第三者の権利を侵害しトラブルが発生したとしても、当社では一切の責任を負いません。また、第三者との間で紛争が生じた場合、応募者は自らの責任と費用によって当該紛争を解決するものとします。

  • 本コンテストの選考結果に関するお問い合わせは一切受け付けておりません。予めご了承ください。

  • 本コンテストは予告なく変更・中止することがあります。予めご了承ください。

  • 本コンテストの都合上、応募対象者は日本国内に居住している方に限ります。

  • 応募者が未成年の場合、親権者の方が応募要項、会員規約に同意したうえで応募してください。

  • 募集要項その他公序良俗に違反する、他の応募者に対する誹謗中傷、不利益を与える行為など、当社が不適切と判断した場合、断りなく応募資格を取り消すことがあります。

審査概要JUDGEMENT

01

書類審査

書類提出〆切
2021719日(月)12:00まで

書類審査結果発表
202182日(月)

  • 書類審査には「企画書」と「開発仕様書(ないし開発工程表)」をご提出ください。

  • 企画書:企画趣旨やアプリケーションのサービス概要、機能紹介が記載されていれば書式、枚数は自由です。事務局でテンプレートもご用意するので、ご自由にお使いください。

  • 開発仕様書:開発に向けた工程表や利用言語などの開発概要がわかるように記載ください。フォーマットは自由です。事務局でテンプレートもご用意するので、ご自由にお使いください。テンプレート利用の有無は審査には一切関係ありません。

  • テンプレートはTERMINALプレエントリー者にお送りしています。

  • 書類審査時点ではプロトタイプ提出は必須ではありませんが、希望者の提出は受け付けます。

  • 書類審査では企画力と実装の実現可能性(企画書と仕様書から判断)実現できる開発力の総合評価で書類審査通過チームを決定します。

  • 企画力は「教育現場の課題をどのように捉え、どのようなサービスで解決するか」を審査します。

  • チーム開発力はチームの皆さんの持ってる開発スキルと、最終審査までの工程が妥当かどうかを判断します。チームメンバー全員がプログラマーである必要はありません。デザイナーやアイデア構想など、メンバーそれぞれの強み特色を生かしてください。

02

最終審査

最終審査作品提出〆切
2021917日(金)17:00まで

  • 書類審査で提案したアプリケーションサービスの企画説明と、開発したサービスのデモンストレーションを動画ファイルでご提出いただきます。

  • デモンストレーション動画は上限12分以内に納めてください。*下限はありません

  • デモンストレーションとは別に、チームの皆さんのお顔が写っている自己紹介動画のご提出をお願いいたします。

  • 審査項目は書類審査同様「企画力」「開発されたプロダクトの完成度・動作性」です。

  • 動画ファイル提出後、審査項目に沿って審査員が議論をし、入賞者が決定します。

  • 詳細については、書類審査通過者に別途お知らせいたします。